2018/03/22

あいのり アジアンジャーニー[14話]ネタバレ!裕ちゃんがムエタイでガチ試合

 

この記事を書いている人 - WRITER -
あいのり好きのアラフォー主婦です。 独身の時はよく見てましたが、あれからこんなにも時間が経ってしまったんですね。 若い子の恋愛を見て元気を頂いています♪

【見逃したあいのりが7日間無料!】
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】へ


こんばんは。
ここでは、あいのり・アジアンジャーニー編【第14話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

さて先週は、でっぱりんがあきらに告白するも、残念ながら一人での帰国となってしまいました。
あいのりの中心的存在でしたし、分かりやすい性格が好きでした。
でっぱりんとかハト胸とかメイン的な存在がいなくなり、ちょっと寂しいです…。
しかし、新メンバー・かにゃも合流しましたし、14話では男子の新メンバーも登場します。また、新しい恋愛が見られそうですね。

ではさっそく、あいのり・アジアンジャーニー編の第14話のネタバレ&感想行ってみましょう♪


あいのり アジアンジャーニー編 第14話のネタバレ

※ここからは、『AINORI ASIAN JOURNEY』の「シーズン1-14(決戦のとき)」のネタバレを含みます。ご注意下さい。

第14話はラブワゴンがタイの首都・バンコクに到着するシーンからです。
車内で隣同士に座るシャイボーイとかすがの二人。
シャイボーイはかすがが台湾で合流して以来、かすが一筋です。
一方のかすがはというと…、かにゃの歓迎会でのシャイボーイの一言が気になっていたのです。
好きなタイプを聞かれたシャイボーイが次のような言葉を口にしていたのです。

「笑顔がステキならそれでいい。その人を笑わせたいと思えば、どんな仕事でもやし、どんだけ辛くても大丈夫」

かすがの日記より
シャイボーイは笑顔のステキな女の子を笑顔にしたいんやって。
うちはステキな笑顔で笑えてるかな。
シャイボーイを笑顔にさせたいって思った。

まさか!?ですよね。
この二人仲良さそうにしていたのですが、かすががここまでシャイボーイを意識していたとは…。
しかし、このあと合流してくる新メンバーの登場によって新たな展開を見せるのです。

新メンバーのトム!かすがの元カレに激似!?

いよいよ今日は新メンバー合流の日。
すると、新メンバー発見!!
さっそくいつものように裕ちゃんが猛ダッシュで新メンバーの元へ向かいます。

『長野県から来ました トムです。22歳です。悔いのない旅にしたいです。よろしくお願いします。』

新メンバーのトムは、パティシエ見習い。
父親が中国人、母親が中国人と日本人のハーフ、つまりはクォーターです。

そんなトムに「かわいい〜。若い!キラキラしてる」と反応したのが、かすがだったのです。
スタッフが第一印象を聞くと「実は、元カレにちょっと似てるんです。雰囲気が」と言うのです。
かすがといえば、結婚も考えていた元カレに100万円以上をつぎ込んだ過去を持ちます。あいのりの旅で元カレを忘れようとしていたにも関わらず、まさかの元カレ似のメンバーがやって来てしまいました。
かすがは「キュンとしたけど、ダメです。だめ」と話していました。シャイボーイ、ピンチかもしれませんね。

トムには許嫁(いいなずけ)がいた!

その日の夜。
トムの歓迎会をしようと屋台へ。
裕ちゃんがトムにあいのりに参加した理由を聞きます。すると、トムには中国に社長令嬢の「許嫁(いいなずけ)」がいるというのです!!
許嫁とは、簡単に言うと”結婚を約束した女性”ということです。中国では普通なんだとか。
なので、あいのりの旅で彼女を見つけないと、その許嫁と結婚させられてしまうというのです。トムにとって、本当にこれがラストチャンスなのです。

裕ちゃんがかにゃに恋愛の手ほどきを受ける

その日の夜。
ベッドに横たわり、アスカの事を悩む裕ちゃんの姿が。
10年ぶりにようやくアスカへの恋心が芽生えた裕ちゃん。ですが、ブランクがありすぎて、何をしていいのかわっぱり分からないというのです。
翌日、裕ちゃんはかにゃを誘い「気になる人に、ガンガン行きたいんだけど、どう行って良いのか分からない」と相談します。
かにゃは次の三つのアドバイスを裕ちゃんにしてあげました。

・男らしさが欲しいかな
・好きなら、その人だけに素直にいくべき
・特別感は嬉しいかも。その人だけにしかしない事をしてあげるとか。

果たして裕ちゃんはかにゃのアドバイスを活かすことが出来るのでしょうか。

トムがかすがを誘った!

次の日。メンバーがやって来たのはネオンマーケット。
カラフルなコンテナやテントをアートボックスのように並べた屋台街です。
七人はお小遣いをもらい、分かれて行動することに。

すると、トムがかすがを誘います。
シャイボーイは寂しそうに二人を見送ります。

トムはどうしてもドリアンが食べたいようで、二人で値段を確認します。見ると今の小遣いではちょっと手が出せない値段でがっかり。
なので試しに試食できないかかすがが交渉するとOKに。
かすがはトムに「は〜い」と言って、トムにあ〜んして食べさせてあげていました。
他にも一つのフルーツジュースにストローを二つそれぞれさして飲んだり、とても楽しそうな二人でした。
これをシャイボーイが見たら、きっと悲しんだことでしょう…。

その日の夜。
「かわいいなって母性本能くすぐられました。私の悪い癖で”何とかしてあげたいな〜”っていう気持ちがわいてしまいました。」
とかすがは楽しそうに話していました。

裕ちゃんが特別感を演出!…出来た?

一方、裕ちゃんはアスカと二人でナイトマーケットを歩いています。
この時、裕ちゃんはかにゃのアドバイスを胸に『特別感=プレゼント』という演出を考えていたのです。

するとアスカが「なんかさ、お揃いのやつ買いたいの!」と言います。
これは特別感を演出できる絶好のチャンスです!
するとちょうどいい値段のシルバーアクセサリーを見つけます。

アスカ「待って?これゾウさん」
裕ちゃん「あ!ゾウじゃん!ちょうどゾウ欲しいと思ってたの俺」

二人はお揃いのブレスレットを購入します。
二つで150バーツに値下げしてくれましたし、ここは裕ちゃんが払います。
特別感の演出に成功かと思いきや…、
その後アスカもお金を払っていました。
え?割り勘?だったのでしょうか。

夜、スタッフから「裕ちゃん買ってないからねアスカに」と突っ込まれていました。
裕ちゃんも「あぁ、自分のお金で買っただけですね。痛恨のミス…」と反省していました(笑)。
裕ちゃん、頑張れ!!

裕ちゃん憧れの地!ムエタイスタジアムへ

ラブワゴンはタイ式キックボクシング・ムエタイの聖地『ラジャダムナン・スタジアム』に到着します。
ムエタイ選手なら誰もが憧れるリングです。
「すげーよ。ラジャだよ!みんな」と一人だけ異様なテンションになるプロキックボクサーの裕ちゃん。
中に入りたい!と願う裕ちゃんでしたが、一番安いシートでも1,000バーツ(約3,300円)と、あいのりの一日の生活費を超えています。

すると、シャイボーイが「みなさ〜ん。先生から提案があります」と、粋なはからいをします。
「裕ちゃんだけ中に入れてあげるってのはいかがでしょう?」
すると「全然いいよ!」「このままでは帰らせたくない」「ぜんぜん譲れる」とみんなOKします。優しいですね…。
裕ちゃんは「マジで?ほんとにマジでいいの?」と子どものように嬉しそうです。
そしてチケットを手にした裕ちゃんは「行ってきま〜す!ヒャッホー!」とまるで夢が叶った少年のようにガッツポーズしてスタジアムへと入っていきました。

かすがの日記より
シャイは皆に提案して、裕ちゃんはめっちゃ嬉しそうに試合を観に行って、その姿を嬉しそうにシャイボーイは見てた。
仲間想いで、ほんま優しいなぁ。

試合観戦中、裕ちゃんは絶叫しっぱなし。
夢中になって試合を見ていました。

そして、1時間後。
外で談笑していたメンバーの元へ裕ちゃんが戻ってきます。みんな外で待ってあげてたんですね。
「どうだった?」と聞かれると裕ちゃんは「すごかった!もうスゴい!もうマジスゴかった!」とただただ”スゴい”を連呼していました(笑)。

裕ちゃんがムエタイでガチ試合に挑戦!

翌日、ドライバーのヌックさんが裕ちゃんのために、ムエタイジムに案内してくれます。
格差社会のタイではムエタイの選手になって一攫千金を狙うのが貧困から抜け出す手段の一つとなっています。登録している選手20人が全員が住み込みで夢を追っているというジムです。

ジムの練習に思わず見入る裕ちゃん。目がキラキラしています。
すると、ジムのオーナーであるソンバットさんが現れ「いい体してるじゃないか」と裕ちゃんに声をかけます。裕ちゃんがキックボクシングをやっていると言うと「ちょっとシャドーやってみて」と言われます。
裕ちゃんがシャドーボクシングを披露するとメンバーが「おお〜!カッコいい〜」と声をかけます。するとソンバットさんが「試合やってみるか?」とまさかの提案。「おお〜」とメンバーも拍手。裕ちゃんは「やります!!」と気合十分です。

しかし、あいのりに参加してからの裕ちゃん。
たまにランニングする程度の練習しかしていません。相手は本場ムエタイのプロ。大丈夫なのでしょうか。
しかし、それは裕ちゃんが一番わかっているはず。

「戦う男っていうか、一つのことに集中してる男ってカッコいいって言うじゃないですか…。そういう姿を見せたいです。アスカに」

対戦相手は、42戦31勝のペットバムレック選手。
得意技は強力な破壊力をもつ膝蹴り。しかも裕ちゃんより一つ重い階級と不利な条件です。

裕ちゃんが最高の『特別感』を演出!!

ルールは3分✕3ラウンドで行われます。
「青コーナー、ゆ〜ちゃ〜ん!」と呼ばれ入場する裕ちゃん。
観客席ではメンバーが見守っています。アスカも「裕ちゃ〜ん」と応援しています。

◆第一ラウンド
ゴングが鳴り試合が始まります。
いきなり裕ちゃんの左ミドルキックが炸裂します。相手もミドルキックで応戦します。
左ジャブからの左ミドルキックを繰り出す裕ちゃん。トレーニング不足を感じさせません。
序盤は互いに一歩も引かない互角の戦いです。
健闘する裕ちゃんに対して現地の人からも「ユウチャン!ユウチャン!」と裕ちゃんコールが湧き上がっています。

◆第二ラウンド
徐々に足の動きが重くなる裕ちゃん。
左キックが裕ちゃんのみぞおちに何発か入り、ダウンを喫します。
すぐに立ち上がるも、明らかに動きが悪くなる裕ちゃん。
アスカも心配そうです。裕ちゃん、かなり苦しそうです。

◆第三ラウンド
「うあぁーーーっ!」と自分に喝をいれる裕ちゃん。
しかし、立っているのが精一杯の状況になります。相手も手を緩めません。
すると相手のクロスカウンターをもろに受けてしまいます。しかし倒れません。
懸命にパンチを打ち返す裕ちゃん。
アスカの声が届いたのか、最後に猛烈なラッシュを見せます。

試合が終了し、勝敗は判定となります。
しかし、勝ったのは相手のペットバムレック選手でした。

惜しくも敗れた裕ちゃん。
リングを降りメンバーの元へ向かいます。
一番に席をたち、迎え入れるアスカ。
「情けねぇ!ムエタイ強いわやっぱ。ムエタイ強い。はぁ。」と完敗を認めていました。

控え室に戻った裕ちゃん。「強かったっす、彼。自分が弱かったっす」と言います。

「自分の中で”戦ってる”=”生きてる瞬間”なので、それを久々に感じて…。終わった直後にメンバー来てくれて、嬉しかったですねそれは。」
「一回バーッて燃え尽きたんで、それ以上、今以上の、なんか 恋っていうか。燃え尽きて完全燃焼して日本帰ります!」

その日の夜。アスカは裕ちゃんにメロメロになっていました。
「もうカッコよすぎました。倒れそうになってたじゃないですか。それでも最後までやり遂げたのが、すっごいカッコいいなと思って。感動しました。カッコいい。カッコよすぎ…。」

裕ちゃんとアスカが早朝から一緒に

翌朝。
ホテルの前には、早朝から準備体操をする裕ちゃんの姿が。
すると、なんと、「あ、おはよう!」とアスカが現れたのです!!
「ういーっ」という裕ちゃん。二人は軽くストレッチをして走り出したのです。
きっと待ち合わせしていたのでしょうね。

二人が走るシーンをバックに、裕ちゃんとアスカの言葉が流れます。
裕ちゃん「試合終わると、一睡も出来ないんですよね。そんな時に好きな人とか、恋人とかいてくれたら絶対落ち着くし。(側に)いてほしいと思ったのがアスカだったんですよね。アスカに…120%でいきます」

アスカ「(裕ちゃんを)支えるのもわたしの役目かもしれないし。本当に応援したいなって。わたしも強くなりたい。多分裕ちゃんといたら強くなれる気がする」

裕ちゃん、最高の『特別感』の演出が出来たのではないでしょうか。

あいのり アジアンジャーニー編 第14話を見終わっての感想

あいのり・アジアンジャーニー編の第14話(ネタバレ)はいかがだったでしょうか?

いや〜、裕ちゃんのムエタイの試合にはシビレました。
ちょっと文字だけでは伝えづらい部分が多々あったのですが、裕ちゃん本当にかっこよかったです。
ああいう戦う姿を見せられたら、アスカも絶対心が動いたと思います。
二人のコメントを見ても、あいのりで初めて二人が向き合うカップルが誕生しそうな予感です。
もう、トラブルとか無くそのまますんなり二人で帰国する所が見たいですね。

あと、新メンバーのトム。シャイボーイとバチバチの三角関係になるのでしょうか。こちらも楽しみになってきました。

以上で、あいのり・アジアンジャーニー編の第14話目の感想(ネタバレあり)を終わります。ありがとうございました。

見逃したあいのり・アジアンジャーニーが7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】

この記事を書いている人 - WRITER -
あいのり好きのアラフォー主婦です。 独身の時はよく見てましたが、あれからこんなにも時間が経ってしまったんですね。 若い子の恋愛を見て元気を頂いています♪
 
 
 

Copyright© あいのりのネタバレ&感想ブログ , 2018 All Rights Reserved.