2018/03/19

あいのり[10話]ネタバレ ハト胸が号泣の理由は?(アジアンジャーニー)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
あいのり好きのアラフォー主婦です。 独身の時はよく見てましたが、あれからこんなにも時間が経ってしまったんですね。 若い子の恋愛を見て元気を頂いています♪

【見逃したあいのりが7日間無料!】
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】へ


こんばんは。
ここでは、あいのり・アジアンジャーニー編【第10話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

さて先週は、ゆめちんがハト胸に告白し、残念ながら一人で帰国することとなってしまいました。でもゆめちんにとってはすごく充実した旅になったのではないでしょうか。
そして代わりに入ってきた新メンバーのかすが。5年間付き合っていた元カレと別れあいのりへ参加したそうです。シャイボーイから一目惚れされていますから、これからの展開が楽しみです。
そして、今一番熱い男・ハト胸。
先週の最後、アスカの事が好きだと日記に書いていましたが、第10話では号泣する一面も見られました。一体どうしたのでしょうか。

ではさっそく、あいのり・アジアンジャーニー編の第10話のネタバレ&感想行ってみましょう♪


あいのり アジアンジャーニー編 第10話のネタバレ

※ここからは、『AINORI ASIAN JOURNEY』の「シーズン1-10(灯と共に空へ)」のネタバレを含みます。ご注意下さい。

第10話は台湾の名物料理「オアチェン」という牡蠣オムレツが食べられるお店へ行くシーンからです。
目玉焼きに大粒の牡蠣、キャベツなどの野菜、ニンニク、ネギを入れ、最後に水で溶いたさつまいもでんぷんをかけて焼いたものです。外はカリカリ、中はモチモチ。甘辛のタレをかけて召し上がります。見てるだけでとっても美味しそうです。メンバーたちも「メッチャうまい!」と頬張っていました。

お腹いっぱいのメンバーがやって来たのは海!!
台湾北端の海岸『石門洞(シーメンドン)』という場所で、台北の人が週末に訪れる人気スポットなのだそうです。

そこではシャイボーイが「かすが 行きましょう!」と誘います。かすがも「うん!レッツゴー!」と意外にもノリノリです。
シャイボーイは昨日、かすがが豪雨の中合流した時に雨に打たれながら「やっふ〜!」みたいなテンションだったのを見て、とっても楽しかった、かっこよかった、素晴らしい!と話していました。かすがも「もう濡れたろ〜!って」開き直っていたそうです。
そしてシャイボーイが「アスカやでっぱりんとしゃべってる時とはなんか違う自分がいる気がします」と、ちょっと前のめりな言葉を口にしていました。

でっぱりんがハト胸に物申す!

一方、違う場所ではなんとハト胸とでっぱりんが二人きりに。
二カ国を旅した仲間であるゆめちんをフッたハト胸に、でっぱりんはどうしても言いたいことがあったようです。

でっぱりん「ゆめちんじゃないなって思ったけんさ、旅続けたわけやろ?」
ハト胸「はい」(←敬語)
でっぱりん「もっとしゃべりたいなって人がおったけん断ったわけやろ?」
ハト胸「はい…」(←敬語)
でっぱりん「中途半端にする男じゃないやん でも」
ハト胸「そうですね…」(←敬語)
でっぱりん「ゆめちんってさ自分から言ったりとかする子じゃないやん。でもフリータイムとかで”ハト胸!”って言いよったし、頑張っとったなって思うっちゃんね」

要するにでっぱりんが言いたかったのは「ハト胸には、ゆめちんに失礼にならないような、”自分は悔いのない恋愛が出来ました”ってゆめちんに言えるくらいの恋愛をして欲しい」との事でした。それにはもっと周りが分かるくらいのアピールをしないと!とハッパをかけられていました。
そして、最後に「私だって裕ちゃんにどんだけアピールしても全然気づかんとよ!えぐいやろっ!相当よ!びびるぐらい」と愚痴っていました(笑)。

ついにでっぱりんも弱気に…

翌日、メンバーがやって来たのは、古き良き台湾の面影が残る『平渓老街』。映画に出てきそうなレトロな町並みです。駄菓子屋さんみたいなお店もあります。
そこででっぱりんが「行こう!裕ちゃん!」と誘います。
すると、線路の中に人が立ち入っている場所があったのです。そして、なにやら大きなランタンらしき物に言葉を書いて上げています。
実はこれ、この街の名物「ランタン飛ばし」。
旧正月が明けてから最初の満月の夜に願いを込めた無数のランタンが夜空に放たれ、幻想的な雰囲気に包まれるのです。
でっぱりんと裕ちゃんも願い事を書いて、ランタンを上げることに。

しかもこのランタン。色があって、色によって願い事が違うのだそうです。もちろんでっぱりんの願い事は”恋愛”のピンク色です。『好きな人に思いが伝わりますように』と書きました。
一方の裕ちゃんはというと…『夢は叶う 裕ちゃん』。さすがは元世界チャンピオンです(笑)。
それを見たでっぱりんは「ちょっと待って。え?えっへへ?裕ちゃん…」と言葉がありません(笑)。それをよそに裕ちゃんはでっぱりんの字を見て「字うまいねでっぱりん!」と目を丸くしています。裕ちゃんが「習字やってた?」と言うとかぶせ気味に「いや その話したけど結構前に」と言うでっぱりん。それでもまだ「えっ?めっちゃ字うまくない?」と言う裕ちゃんなのでした(笑)。
後にでっぱりんはスタッフに「どんだけアピールしても、何で気付いてくれないんだろう。悲しい気持ちです」と訴えていました。そりゃそうですよねぇ…。

アスカのあいのりへの想い

ハト胸は意中の人・アスカと一緒にランタンを上げます。
するとアスカがスタッフにハト胸の事を話しているシーンに切り替わります。アスカは「ハト胸だったら弱いところを見せられるというか、解放できる」と話していました。
そして、せーの!でランタンを上げる二人。

二人の恋は実るのでしょうか…。
そして、この日のアスカの日記には、あいのりへの想いがぎっしりと綴られていたのです。

アスカの日記より
あたしはあいのりにいろんな想いがあって来た。恋愛体質すぎて17歳から21歳までずっと彼氏が途切れることがなかった。
不倫しながら浮気とか、時には複数の男性と関係を持っていた時期もあった。出会いなんてくさるほどあった。なのに私が求めてる純粋な出会いは私の周りえは絶対なかった。
東京の夜に染まりすぎて、人と関わる時にこの人も身体目当てなんだって、割切って接さないと後から傷つくから、人と真正面から向き合う事ができなくなった。
お金持ちじゃないとやだ、有名な人じゃないと、いて楽しくないとか、年上じゃないといやだとか。変なこだわりが身についてしまったのかな…。純粋に恋をすることがいつの間にか難しくなってしまった。
あいのりでは携帯も使えず集まった7人で生活する。おいしいごはんもおしゃれなごはんやさんも、連れてってはもらえない。
どこにいるとか、ここがどんな所なのかもaboutだしめちゃくちゃや。でも今までのあたしを変えるために、最高の環境だと思った。

台湾人は日本人に優しい

翌日、メンバーは新たなホテル探しをすることに。
あるお店でホテルを聞くと、お店の人が総出になって教えてくれます。
そして、再び道に迷っていると、先程の店の人が原付きバイクでやって来て、道を教えてくれるのです。

しかし、またもや道に迷うメンバーたち。
するとまたもや、さっき教えてくれたおじさんが原付きバイクに乗って、案内をしてくれたのです。
そして、ようやくホテルを発見出来たのでした…。
台湾の人は日本人に驚くほど優しいです。

東日本大震災で一番助けてくれた国・台湾

すると、ドライバーのシャウパンさんが老舗のお菓子屋さんに連れて行ってくれる事に。
そこのオーナーのようなおばあさんに「台湾は昔、日本に統治されていた時代があったんですよ」と言われます。みんなが同じ家族だったというのです。
おばあさんは、日本が統治していた時代、日本の教育を受けて育ったといいます。”家族”と言っているのはそのような理由からだったのです。
そして、2011年3月の東日本大震災の時、3日間分の売上全部を義援金として寄付してくれたのだそうです。
台湾から日本に頂いた募金はアメリカに次ぐ第2位の29億円だったとか(日本赤十字社調べ)。台湾はアメリカの人口の13分の1ですから、その額の大きさに驚きます…。
しかも、日本赤十字社以外の窓口を含めると、半年でなんと180億円もの義援金が送られたのだそうです。

震災から一ヶ月が経った頃。政府は支援に対するお礼の広告を、各国の主要な新聞社にうったのです。
しかし、そこに台湾の名前がなかったのです…。
外務省のHPを見てみると、日本が承認している国は196ヶ国。そこに台湾は含まれていないというのです。

そんな時、ある人が「有志で台湾のメジャー紙にお礼の広告だせないの?」というツイートをしたのです。すると一気に募金が集まり、たったの二日間で600万円も集まったそうです。そして一週間で1,800万円以上も集まります。その中には被災地の方からの募金もあったといいます。
そして、震災から二ヶ月後、台湾の主要紙にお礼広告が掲載されたのでした。

災害で壊れた橋造りのボランティアに参加

台湾は日本が公式にお礼の広告を出せないにも関わらず、日本人のことを好きに思って、親切にしてくれる台湾の人たち。
メンバーは次第に「何か出来ないか?」と考えるようになります。
そして、台湾への感謝の気持ちを伝えるために、ドライバーのシャウパンさんと相談。災害で壊れた橋造りを手伝うボランティアに参加することに。

『相手を思いやることで、笑顔は続いていく。それが絆。台湾の人と触れ合うことでメンバー達はそう実感したのでした。”ありがとう”の連鎖は世界を優しくかえていくのかもしれない』

すごくいい話の後ですが、少し裕ちゃんの話を…。
このボランティアで力持ちの裕ちゃんが大活躍したのですが、スタジオメンバーのみんなが”なんで恋愛では気付けないんだろう?”とみんなで首を傾げていました。しかも「台湾の人の為に恩返ししたい」とか、そういった気持は分かるのに、恋愛だけ鈍感なんだね、と話していました。

裕ちゃん。人知れず悩んでいた

その日の夜、メンバーがやってきたのは夜市。
台湾といえば夜市と言われるほど、琉球グルメの宝庫らしく、縁日のような賑わいです。
さらに「かんぱ〜い!」と久しぶりのお酒にメンバーたちのテンションはアゲアゲです(笑)。
すると、ハト胸がアスカと、シャイボーイはかすがと、でっぱりんはウェディングに誘われ散らばって行きます。

一人残された裕ちゃん…。
「浮いてますよね、自分だけ。自信がないですね。恋愛できてない自分ってなんか…ここにいて意味あんのかな…」
裕ちゃんは裕ちゃんで悩んでいたんですね。

元気のないハト胸。恋患い?

一方、アスカと二人っきりになったハト胸。
「ニンニクが挟まってたソーセージ、めっちゃ食べたんだけど、ニンニク臭いけど気にしないで」と酔っ払っているアスカ(笑)。ハト胸もノリノリかと思いきや「え?…うん」と浮かない返事をします。
それに気付いたアスカが「ハト胸、今日元気なくない?」と心配します。「ほんまに?」と聞き返すハト胸。確かにいつもの感じとはちょっと違います。
そして、トイレにやってきた二人。
一人アスカを待つハト胸。「ふぅ〜〜っ」と大きなため息を付いています。
実は、アスカに恋をするハト胸、アスカといるとドキドキして、ギュってなって、何しゃべっていいのか分からなくなるそうです。「泣きそうですね…」とスタッフに話していました。
もう、好き度がMAXになっちゃったんですね。

ハト胸が号泣!男性陣も涙!

そして、ラブワゴンに戻ってきたメンバーたち。
ここで、今まで登場しなかった男・ウェディングが「じゃあ、俺が初めてベトナム、ミャンマーと過ごしてきてずっとお披露目しなかった歌を歌いましょう」と言い出します。初登場が”歌”です(笑)。
歌詞はこんなような感じです(途中抜けもあります)。

青い空と白い雲の中で
出会った7人が何も知らずにワゴンに乗り込んだ
時には逃げたくなったけど
果てなく進むワゴンの旅
ずっと続くものだと思ってたけれど
いつかは消える線香花火
色あせてく地図の印が進んでいる証
にじんでく日記の文字が進んでいる証
僕の思いが消えぬように今届けるよ

しかし、この歌で、ハト胸が感極まって、号泣してしまうのです。
それに気付いた、アスカ、でっぱりんが背中や頭をさすってあげます。
もう、本当に号泣です。
すると、裕ちゃん、シャイボーイまでもが涙しています。

最後にでっぱりんが「あんたら泣く意味が分からんちゃん。とりあえず普通に聞いたらいいやん」と突っ込んでいました(笑)。

ハト胸が告白を決意!

その日の夜、メンバーは思い思いの時間を過ごしていました。

アスカの日記より
ハト胸が一番話しやすいし、思ってた以上に私の事みてくれていて、すごく嬉しいなって思った。ハト胸はいつでも女の子に気が回るし優しいな。ありがとう。

その頃。町に佇むハト胸の姿が。
険しい表情をしています。

ハト胸の日記より
アスカの明るい所、影がある弱い部分。全て含めて好きやし大切。

向かった先はラブワゴンです!!
ドライバーのシャウパンさんにチケットをもらうハト胸。「行ってきます!」と気合十分です。
あの号泣の理由はこういうことだったんですね。

あいのり アジアンジャーニー編 第10話を見終わっての感想

あいのり・アジアンジャーニー編の第10話(ネタバレ)はいかがだったでしょうか?

ハト胸の号泣シーン。
文字では全然伝えられないのが歯がゆいのですが、私ももらい泣きしてしまいました。
まさかウェディングの声を初めて聞くのが歌声とは、そしてそれに男性陣が号泣するっていう…(笑)。
ハト胸はもうアスカへの気持ちが盛り上がりすぎて、もういっぱいいっぱいだったんですね。
客観的に見ると、もうちょっと時間をかけたほうが良さそうですが、本人的にはここしかないんでしょう。
でも、アスカも今は裕ちゃんよりハト胸の方に気持ちが傾いていると思います。コレはもしかすると行けるかもしれませんねっ。

以上で、あいのり・アジアンジャーニー編の第10話目の感想(ネタバレあり)を終わります。ありがとうございました。

見逃したあいのり・アジアンジャーニーが7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】

この記事を書いている人 - WRITER -
あいのり好きのアラフォー主婦です。 独身の時はよく見てましたが、あれからこんなにも時間が経ってしまったんですね。 若い子の恋愛を見て元気を頂いています♪
 
 
 

Copyright© あいのりのネタバレ&感想ブログ , 2018 All Rights Reserved.