あいのり Asian Journey シーズン2【8話】ネタバレ!ユウちゃん告白を決意!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
あいのり好きのアラフォー主婦です。 独身の時はよく見てましたが、あれからこんなにも時間が経ってしまったんですね。 若い子の恋愛を見て元気を頂いています♪

【見逃したあいのりが7日間無料!】
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
 ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】へ


こんばんは。
ここでは、Netflixのあいのり・Asian Journey2(アジアンジャーニー・シーズン2)の【第8話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

さて先週は、でっぱりん騒動から一夜明け、でっぱりんはスタッフと英クンに謝罪しました。ユウちゃんにも「昨日はゴメン」って言いたかったようですが、本人のために敢えて冷たい態度を貫きます。しかし陰で文句を言っていたトムには「クソ弱虫野郎」と吐き捨て、この二人にはまだ火種が残っているようです。トムは引きこもってしまい、旅に参加出来ずにいました…。
ある日、喧嘩した仲直りのために男子メンバーはラブワゴンに泊まり、浮いたお金で女性メンバーだけをプール付きの快適なホテルに泊まらせてあげます。これには女子メンバーもとっても喜んでいました。
ある夜、モアがトムに惹かれてるかも?とスタッフに打ち明けます。さらにユウちゃんはみゃんまーに呼び出され、今回の事件をポジティブに受け止めている事を褒めてもらったのでした。

まずは、8話の予告動画をご覧になってからネタバレ記事をお楽しみ下さい。
ユウちゃんが行方不明に!?

ではさっそく、あいのり・Asian Journey2(アジアンジャーニー・シーズン2)【第8話】のネタバレ&感想行ってみましょう♪


Netflix あいのり・Asian Journey2(アジアンジャーニー・シーズン2)の第8話のネタバレ

※ここからは、Netflixのあいのり・Asian Journey2(アジアンジャーニー・シーズン2)8話『塗りつぶされた日記』のネタバレを含みます。ご注意下さい。

冒頭、男子部屋ではトムがベッドに寝ながらでっぱりんの事について話しています。トムは髪の毛を引っ張られて毛が抜けてしまい、服も破れたと言います。「暴行罪と脅迫罪と?ここが日本だったら普通に警察署に行って被害届出すよ」と話していました。確かに、あれは酷かったです…。

この日、ラブワゴンは一時間かけてドライバーのカマルさんが案内する、ある施設へと向かいます。カマルさんは「ネパールはアジアで最も貧乏な国です。この国には様々な問題があり、皆さんにも知って頂きたいと思います」と話をします。
ネパールには約5,000人ものストリートチルドレンがいると言われていて、アジア最貧国のネパールには悲しい現実があるというのです…。

その施設では5歳のクリスティーナちゃんとハンナさん(23)が出迎えてくれました。中に入ると30人くらいの女性達がいて、ここにいる女性は「サバイバー」と呼ばれる特別な存在なのだそうです。サバイバーとは「人身売買などから救出された生存者」という意味です。

【あいのり講座】ネパールの人身売買

ネパールでは毎年、貧しい少女たちがインドへ売り飛ばされるのが日常となっています。
ある女性は12歳の時、買い物中に連れ去られインドの売春宿へ売られて行きました。一回500円にも満たない金額で一日に何人もの客の相手をさせられたのです。多い時には40〜50人もの相手をさせられ、食事の時間も寝る時間も与えられない、まさに”生き地獄”のような日々を送らされます。
その女性は運良くNGOの職員によって救出されたのですが、今度は自分の住んでいた村には帰ることが出来なかったのです…。

売春宿に売られた女性の半分はHIVに感染し、村に帰れば”売春婦の家”ということで、家族や親戚までもが差別されてしまうのです。
さらに2015年4月に起こったネパール大地震によって、家を失い生活できなくなった家庭、親を失った子供たちが増えてしまいます。そんな弱みにつけ込んだのが「トラフィッカー」と呼ばれる誘拐者たちだったのです。彼らは巧妙な手口で貧しい家庭の少女たちに声をかけ、インドの売春宿に売り飛ばすのです。その金額は一人数万円から数十万円…。

そしてこの人身売買の闇をより色濃くしているのがネパールの「カースト制度」です。その最下層というのが触れるだけで汚れるという意味の不可触民(ダリット)と呼ばれる人々。施設を案内してくれたハンナさんもその不可触民・バディ族の一人だといいます。

バディ族は「動物」と言われていて、普通の人々とは一緒にいてはいけないといいます。職場も学校も病院でさえも「バディ」と聞いた瞬間、中には入れてくれないのだそうです。そしてハンナは信じられない言葉を口にしたのです。

「小さい頃、私の夢は売春宿に行くことでした」

バディ族の仕事はもう売春しかないといいます。飢えをしのぐには売春か子供を売るしかないとハンナさんは言います。そうすれば両親にお金が入り、兄弟たちも食事にありつける…。彼らのお金で私達が得られた物は”命”だと言うのです…。
メンバー達は皆、言葉を失っていました…。

ネパールのあいのり学校へ行こう

今から10年ほど前。あいのりでは番組内で”あいのり募金”を募り、集まったお金でアジアやアフリカなどに計7校の小学校を造ることが出来たのです。
ネパールにもあいのり学校が建てられたそうで、明日メンバー達はその小学校に行くことになりました。

翌朝、メンバー達はラブワゴンに乗り込むと250km・7時間をかけてあいのり学校のあるジャナクプルという町に到着します。そして近くのホテルで一泊し、翌日改めて学校へ向かいます。そして走ること2時間。ようやくあいのり学校へ到着します。

10年前と比べると2階部分が増築され、傷みは進んでいるものの、確かにあいのり学校です。大地震があっても校舎は崩れていませんでした。
生徒数は372人。先生は6人です。そこでは沢山の子供達が懸命に勉強していました。10年間で1,000人以上がここで勉強し、公務員や看護師、エンジニアになった卒業生もいるそうです。

でっぱりんの日記より
学校に行く意味、勉強の大切さを知って、悲しい事が起きんような国になって欲しい

Dr.モリモリの日記より
子供たちが教育を受け、将来素敵な仕事に就くのを切に願います。

しかし、たった一つの小学校があるだけでは、ネパールの問題は解決出来ません…。

ネパールの悲しすぎる現実

あいのり学校を後にしたメンバー達は、西へ500キロ行った所にあるバディ族の村へ向かいます。そこでは川沿いの国有地に無許可で住んでいる人たちがいました。
この村の女性たちは、人身売買か売春なしでは生きていけないのです…。中にはたった6歳の少女もいるといいます。

そして、町から人が来ると女性たちはお化粧をして出迎えます。さらに女の子たちは踊りを披露し、少しでも高い値で買ってもらうために、媚を売るのです…。

【ネパールで人身売買される人数:年間23,200人】

これにはスタジオメンバーのベッキーさんも号泣していました…。

ベッキーさんのコメント
ちょっとショック受けちゃった…。
なんか数字で見たりさ…踊ってる子供見とか見ると…。だからホントに命をつなぐためにやるっていう…。
いや〜、自分が抱えてる小さな悩みとかが本当に恥ずかしくなる。もう情けないわ…。

トムの心を気遣うモア

気を取りなおして、現在の恋の行方を確認しましょう。

次の目的地へ向かう為にラブワゴンに乗り込むメンバー達。先週、トムに惹かれてると打ち明けたモアがトムの隣に座ります。
モアは「男子四人部屋と、二人二人に分かれるのどっちがいい?」とか「日本に帰ったらまず何がしたい?」など、頑張って話題を振ります。しかし、まだ心を閉ざしたままのトムとの会話はすぐに終わってしまい、盛り上がりません…。
その日、モアはスタッフにこんな事を話していました。

「しゃべりたい気持ちはめっちゃるし、元気になって欲しいっていう気持ちもあるし。けど…あの人(トム)の精神状態が今どういう感じなのかも全然把握してなくて」

モアの日記より
トムの心が心配。早く元気になって欲しい

ユウちゃんを応援するでっぱりん

メンバー達は夕飯を食べるために近くのお店へと入ります。出てきたのは『ワイワイ』と呼ばれるネパールの国民食。厨房を覗いて見ると、インスタントラーメンに申し訳程度の野菜を入れたものでした(笑)。しかし、久しぶりのカレー以外の食事にメンバー達は一気食いします。

すると「暑すぎるやろ…」とみゃんまーが汗だくになっています。そこへ目の前に座っていたモアが「タオル貸してあげようか?」と声をかけます。
モアとしてはただの親切心で言っただけの言葉でしたが、みゃんまーの隣に座っていたユウちゃんには…。

食事を終えお店を出るメンバー達。ここででっぱりんが「ユウちゃん!」と声をかけ先に二人で外に出て話をします。でっぱりんはモアがみゃんまーに「タオル貸そうか?」と言っていた事に対して「イヤやろ?そういうの聞くの?」とユウちゃんに話しかけます。ユウちゃんも「イヤやった…。やっぱ好きやろね…モアやなぁ」と弱音を吐きます。
でっぱりんはユウちゃんの肩を組み「それは分からんけど、でもユウちゃんがガンガン行かんと。もうそんな長い時間じゃないけんさ。頑張れユウちゃん!」と励ましていました。
でっぱりん、こういう所は優しいんですけどね…。

ユウちゃんの日記より
みゃんまーの事が気になればなるほど、もうムリなんかなって思ってしまう。
本当恋って分からない。一緒に帰れんやろな

恋の辛さを味わうユウちゃん

翌日、ラブワゴンでユウちゃんの目の前に、みゃんまーとモアが隣同士で座っています。みゃんまーは「湖とか行けるかなぁ〜」と話を振ります。モアはここ三日間でちょっと太ったらしく水着が嫌だから行きたくないなどと、ちょっとイチャイチャした感じで楽しそうに話をするのです。

モア「水着イヤだ。太ってんこの3日間くらい」
みゃ「いいやん(笑)」
モア「何で笑ってるん?(笑)」
みゃ「へへへ(笑)想像して。別にそんな太ってなかったくない?」
モア「太ってた。じゃ三人の中で一番私が太ってると思ってるやろ?」
みゃ「いや…別に(笑)」
モア「あはは(笑)ムカつく〜(笑)」

その後、ユウちゃんはスタッフに「みゃんまーはモアとしゃべっとる時が一番楽しそうに見えて…。もうなんか…辛かったですめっちゃ」と話していました…。

みゃんまーを探して彷徨うユウちゃん

この日、メンバー達がやって来たのは「ポカラ」という町。美しい湖畔が広がり、神々が宿るヒマラヤ山脈を仰ぎ見る風光明媚な町です。
メンバー達は分かれて街を探検することに。するとみゃんまーはモアを誘います。複雑な気持ちのユウちゃんはDr.モリモリと二人になります。しかし、みゃんまーの事で頭がいっぱいのユウちゃんは、Dr.モリモリとの会話が全く頭に入ってきません。カフェに入ってお茶している時でも、心は上の空…。みゃんまーを探すかのように、外に目が行ってしまいます。

するとユウちゃんは突然Dr.モリモリと別れ、スタッフの元へ。そして勇気を振り絞ってみゃんまーを探しに出かけます。ユウちゃんは40分以上も街を彷徨います。その間↓こんな言葉がナレーションで流れていました。

「本当はもう見つけたくない気持ちもあって、このまま見つからん方がいいのかなって思ったけど。それもなんか、後悔しそうで…」

そして…。ユウちゃんが諦めきれずに探していると、ようやくみゃんまーの姿を発見します。立ち尽くすユウちゃん…。

「二人仲良さそうに子供と遊んでて。行こう行こうと思ってもなんか入りづらくて。私が余計好きになって、なんか遠くに感じます…。遠い存在…?釣り合わん、釣り合わんって思うけど…」

ユウちゃんはどうしても声を掛けることが出来ませんでした。ただただ、二人の後を遠くから追うことしか出来なかったのです…。

ユウちゃんが号泣!向かった先は…?

その後、ラブワゴンの中にはでっぱりんとユウちゃんの姿が。でっぱりんは「マジで?一時間もうろちょろしたん?」と驚いています。時間がもったいないしスタッフに聞けばよかったやんとアドバイスしています。
するとユウちゃんはとうとう泣き出してしまいます…。でっぱりんは「辛かったっちゃろ?自分が動かんと誰も助けてくれんけんさ。今日だって(みゃんまーと)しゃべれたの少しだけやろ?この時間大事っちゃけん」とユウちゃんの頭をなでながら励ましていました。
最後は「ん〜泣かないで〜。ユウちゃ〜ん」と抱きしめていました。
この二人、深い絆が出来上がっていたのかもしれませんね…。

そしてこの日のユウちゃんの日記は、黒く塗りつぶされていたのでした…。

翌朝。スタッフが女子メンバーの部屋へとやって来ると、ユウちゃんが部屋にいません。慌てたスタッフでしたが、なんと!ユウちゃんはラブワゴンへと向かって歩いていたのです。
スタッフがユウちゃんの塗りつぶされた日記をもう一度よ〜く見てみると、↓こんな事が書かれていたのです。

ユウちゃんの日記より
なんでみゃんまーの事を好きになってしまったんやろ

Netflix あいのり・Asian Journey2(アジアンジャーニー・シーズン2)の第8話を見終わっての感想

あいのり・Asian Journey2(アジアンジャーニー・シーズン2)の第8話のネタバレはいかがだったでしょうか?

今回はまた別の意味で重たい回でしたね。あいのりって外国のこういう現実を見せてくれるので非常に勉強になるのですが、アジアの貧しい国々の問題には考えさせられることがいっぱいありました。
ベッキーさんも泣いていらっしゃいましたが、バディの子供たち…。私も涙が止まりませんでした。私にも同じ年くらいの息子がいるので、もういたたまれない気持ちになりました。自分の無力さを痛感させられました…。

あと恋愛の方でもユウちゃんが切なかったですねぇ…。学生時代の自分を見ているようで(苦笑)。ただただ、遠くから見ることしか出来ず…っていうあの感じ。
そして、みゃんまーを探している時のユウちゃん。「このまま見つからん方がいいのかな」っていうのもスゴくよく分かります。今どうしてるのかな?って気になって探しはするんだけど、現実は見たくないみたいな葛藤…。
そして見つけたからといって声を掛ける勇気もなくて。「もう自分には脈がない」と確信すればするほど、一歩踏み出す勇気が遠のいてしまうんですよね…。もうユウちゃんの心境が手に取るように分かります。

ユウちゃん、きっと来週はみゃんまーに告白ですね。
シーズン1の時から比べるとすごい成長だと思います。どんな告白をするのか見守りたいと思います。きっと勇ちゃんも応援してくれてることでしょうね。

以上で、あいのり・Asian Journey2(アジアンジャーニー・シーズン2)の第8話の感想(ネタバレあり)を終わります。次回『ヒマラヤに抱かれて』は12月27日(木)17時〜の配信です【確定】。お楽しみに♪

見逃したあいのり・アジアンジャーニーが7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】

この記事を書いている人 - WRITER -
あいのり好きのアラフォー主婦です。 独身の時はよく見てましたが、あれからこんなにも時間が経ってしまったんですね。 若い子の恋愛を見て元気を頂いています♪
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. どっち より:

    今回もあらすじや感想まとめ、苦労されたんじゃないでしょうか。お疲れ様です。

    以前、ネパールの友達がいたので、こんな国だったのかとびっくりしました。
    その人は神戸でネパール料理のレストランを友達や奥さんとやっていて、とっても楽しそうな人だったんですよね。
    故郷のことも明るく話してましたし。もしかすると、カースト的に普通より上あたりの人なのかもしれません。

    ベッキー同様、感覚が麻痺するくらいのショックを受けました。
    ちょうど少し私も凹むことがあったので、ああ、それどころじゃない。私の悩みなんかちっぽけだわって思いました。

    さて、あいのりメンバーの話ですが……

    前回、ニヤニヤが止まらないゆうちゃんだったのに、急転直下ですね。
    まぁ……実際、じゃあ、今のメンバーで誰が一番一緒にいて楽しいかっていったら、モアですよね。
    明るいし、軽いし、かわいいしで。

    そう、ゆうちゃん、重すぎるー!!!
    しかたないのはわかってますけどね。まぁでもこういう恋愛を経て、恋愛に免疫ができて、本当の相手に巡り会える自分になっていくのかもしれません。

    それにしても、またまたでっぱりん、いらんことを。
    応援するのはいいけど、応援しすぎ。焚きつけすぎ。わたしだったら、ただただそばにいて話を聞いてあげたり、少し心に余裕をもてるよう、別のことしよう!って言いますね。

    あいのり、ずーっと思ってますが、告るタイミング早すぎでしょ!!
    これじゃ断られるの目に見えてるんだけど。
    だって、相手はまだまだ何も見つけてないもの。

    はぁぁ・・・

    • ainori-fun より:

      どっちさん。いつもこちらにもコメントありがとうございますm(__)m
      >今回もあらすじや感想まとめ、苦労されたんじゃないでしょうか。お疲れ様です。
      いえいえ。お気遣いありがとうございます。今回は見ていて辛かったですよね…。
      >以前、ネパールの友達がいたので、こんな国だったのかとびっくりしました。
      そうなんですか。すごくリアルなお話ですね。
      でもそのお友達の方は楽しそうでよかったです…。
      >ベッキー同様、感覚が麻痺するくらいのショックを受けました。
      ホントですよね…。今も頭から離れません…。
      >そう、ゆうちゃん、重すぎるー!!!
      どっちさんのおっしゃる通りだと思います。
      やっぱり最初ってこうなっちゃいますよね。私もそうだった気が…(笑)。
      >それにしても、またまたでっぱりん、いらんことを。
      私もそれ思いました。
      あんなにガンガン行動しろ!って言われても…。
      言わんこっちゃない、ユウちゃんもう告白ですよ…。
      どう考えても今じゃないですよね。絶対にでっぱりんのせいです(笑)。
      でも、もしかすると本当に好きになりすぎて苦しくて、もうこうするしかなかったのかもしれませんね。
      自分に脈はないと確信しちゃったのでしょう…。
      もう結果が目に見えてるだけに、次回が辛いですね。

  2. どっち より:

    やばいです・・
    これから忘年会なので、帰ってからまたしっかり書きますが・・・
    だーだー泣いちゃいました。
    うううううう・・・・

    • ainori-fun より:

      どっちさん。私達、あいのり見ていてよかったですね(泣)
      こんなシーン見られるなんて…。
      またゆっくり感想聞かせて下さいm(__)m

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
 

Copyright© あいのりのネタバレ&感想ブログ , 2018 All Rights Reserved.