あいのりのネタバレや感想を綴っています

あいのりアフリカンジャーニー【7話】ネタバレ!ウガンダで一番醜い男

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あいのり好きのアラフォー主婦です。 独身の時はよく見てましたが、あれからこんなにも時間が経ってしまったんですね。 若い子の恋愛を見て元気を頂いています♪

【見逃したあいのりが7日間無料!】
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
 ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】へ


こんばんは。
ここでは、Netflixのあいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)の【第7話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

15年ぶりにあいのりに参加したヒデ。時代と共に恋愛の仕方も様変わりし、バツイチの最年長者ということもあってか、疎外感を感じてしまいます…。
王子とはり坊で揺れていたすぅすぅは、母性本能をくすぐられるはり坊に傾きつつありました。そんなすぅすぅに想いを寄せるしゅうまいは、なんとかすぅすぅの気を引こうと、再びダイエットを決意するのでした。

ではさっそく、あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)【第7話】のネタバレ&感想行ってみましょう♪
まずは、7話の予告動画をご覧になってからネタバレ記事をお楽しみ下さい。
はり坊がリタイア!?


あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)7話のネタバレ

※ここからは、Netflixのあいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)7話『ウガンダで一番醜い男』のネタバレを含みます。ご注意下さい。

まずは7話オープニングのワンシーンから。
一人の兵士が、7歳くらいの男の子に「お前は一体、何者なんだ?兵士だろ?」とスワヒリ語で話しかけています。
そして「今日からこの先、この銃はお前のものだ。これは、お前の母親であり父親なんだ」と言われながら、一丁の銃を手渡されるのでした…。

ウガンダの大地を走るラブワゴン。まずは現在の相関図を確認しましょう。
早稲田のチェリーボーイ・しゅうまいが津軽のナース・すぅすぅに一途な想い。しかし、そのすぅすぅは、はり坊への恋が動き出していました。

この日、メンバーは街を散策します。今日もはり坊の横を歩くすぅすぅは「大丈夫?歩くと痛い?」とはり坊を心配しています。はり坊は、お尻よりも足首が痛いと言い、すぐに座って休憩します。すぅすぅは「もぅ…車いす押してあげたい」と気が気でない様子…。

すぅすぅの日記より
色んなところが痛そうで、
正直、めっちゃ辛いだろうに。
本当に具合が悪そうで心配。

その日の午後、メンバーが現地のテレビ局『アーバンTV』のスタッフに取材されます。ピンク色の珍しい車が来ていると噂になり、取材にやって来たのだそうです。あいのりスタッフがさっそく日本に問い合わせ出演OKが出ると、メンバーたちは一人一人インタビューを受けたりします。そんな中、王子が面白い質問をされます。

現地スタッフ「彼女たちは大きなおっぱいもお尻もない。君たちは彼女たちに何を求めるんだい?」

ウガンダの男性にとって、大きなおっぱいと大きなお尻は、恋の絶対条件なのだそうです(笑)。
翌日。メンバーたちは昨日取材を受けたTV番組(朝のワイドショー)をみんなで一緒に見ることに。そして…王子が昨日された質問に答えるシーンが流れます(笑)。

王子「あんまりお尻は、必要ないかなって思う。おっぱいは必要ですけど」

「面白すぎんだけど(笑)」と爆笑するメンバーたち(笑)。王子は「無理なんだけどマジで。最悪だ…」と顔を覆っていました。そしてその後、女性陣から正式に謝罪されます(笑)。

※しかし王子は後に、この問題を乗り越え、この中↑の一人に恋をすることになるのです!

翌日、ラブワゴンは赤土の広がる大地を北へ50km移動します。そして着いたのは、ウガンダで一番大きな部族『ガンダ族』の村。陽気なウガンダ人はお酒が大好きで、この村でも地ビールを作っているそうです。ということで、さっそく地ビール作りをお手伝いすることに。

ビールの材料は大量のバナナ。そして酵母のエサとなる草を入れます。するとファンキーな姿の村長さんが出てきました。村長さんは靴を脱ぐと、そのままの足で、先ほど投入したビールの材料を踏み始めたのです…!
→ちょ…、汚い…!!

メンバーたちは「待って待って待って!おいおいおい!」と大騒ぎ(笑)。そしてメンバー達も靴を脱ぐと、一緒になって足で踏みます。

そしてバナナと草が潰れたところで、水を投入。そして再び足で混ぜます。そしてこし器にかけるとジュースが出てきます。そのジュースを三日間、土の中で発酵させるとバナナビールが完成するのだそうです。
メンバーたちはとりあえず、そのバナナジュースを飲ませてもらいます。恐る恐る飲むと、それはなかなかフルーティーな意外にも「激ウマ」なバナナジュースなのでした…。

はり坊に異変!ドクターストップ

そんな中、はり坊が「また左ケツが痛くなってきたよぉ…」としゃがみ込みます。この日は水などの重いものを運び、無理をしてしまったため、体に異変が生じてしまったようです。

メンバーと離れた所で休憩をするはり坊。そこへすぅすぅが心配そうにやって来ます。はり坊は左足がずっとつってるような感覚らしく、しかも熱っぽいようです。すぅすぅはそっとはり坊のおでこに手をやると「7度前後くらい」と熱を計ってくれます。さすがはナースさんです。

はり坊「もう無理…。今日もまた下痢になったし。マジで本当にヤバいと思う。リタイアの日が近いかもしれない」

はり坊は今、体調が最悪の状態でした…。
・右膝の痛み
・坐骨の痛み
・風邪
・アメーバ赤痢

ということでスタッフに促され、はり坊は一旦メンバーと離れてホテルへと戻ることに。しかしホテルへと向かう車内で気持ち悪くなったはり坊は、急に車から降りると食べた物を戻してしまいます。

これはマズいと急いでお医者さんに見てもらうと、診断は「お尻の痛みは重度の坐骨神経症。そしてアメーバ赤痢」でした。このままの状態では長時間の移動も難しく、およそ一週間の「ドクターストップ」となってしまったのでした…。

スタッフはメンバーたちに「このままリタイアもあるかもしれない」と説明します。それを聞いたすぅすぅは、何もやってあげられないもどかしさと不安を感じ、はり坊のリタイアも覚悟するのでした…。

この日、メンバーがやって来たのは、ウガンダの首都『カンパラ』。はり坊がいなくなったラブワゴンの中では、すぅすぅの元気がありません。

すぅすぅの日記より
はり坊がリタイアしちゃったらどうしよう
不安でしょうがない

そして翌日。はり坊の正式な診断結果が出ました。『安静にすれば回復し、再び旅に参加出来る』。はり坊も「5日から8日は治らないって言われて。治療に専念したいと思います」と話します。

その事がメンバーにも伝えられると「やったぴー!嬉しいっぺー!」とすぅすぅに笑顔が戻ったのでした。

すぅすぅの日記より
遠距離の彼氏と付き合ってるような気分!!
はり坊が直接見れなかったもの、景色、人とか色々なもの
お見舞いに行けたら、伝えられるようにしよう

ヒデの後悔。しゅうまいにさせたくない

一方、その頃、ヒデがしゅうまいのパーソナルトレーナーになっていました。ジムのような場所で苦しい表情で腹筋をするしゅうまいにゲキを飛ばします。

「初めての彼女作るぞ!頑張るぞ!負けるな!」

休憩中、ヒデは自身のあいのりの旅での失敗を振り返っていました。当時19歳だったヒデは7歳年上のかよと両想いになっていました。

しかしヒデは告白出来ず、かよは一通の手紙を残して帰国…。

ヒデへ
ラブワゴンにヒデとの写真を残したかった
真実の愛を目指して頑張ってね
ありがとう
     かよ

ヒデ「15年前の時ね、俺もしゅうまいみたいに自分の気持にウソついたり…。俺はその後、告白出来なくて一年近く旅した。めちゃくちゃ辛かった…。」

ヒデの過去を知って涙するしゅうまい。「もう本当に適当に告白して帰ろうかってすげー思った」と今の気持ちを打ち明けます。しかしヒデはそんなしゅうまいを「そっか、辛いよな。でもあん時もっと自分に自信持ってたらまた違ったのかなって思うから。しゅうまいは諦めずに頑張ろうぜ!」と励まします。

ヒデはしゅうまいに自分と同じ後悔をして欲しくないと思っていたのです…。

しゅうまいがスタッフに話した内容
ヒデ兄があんなに共感してくれると思ってなかったし、すごい勇気に繋がりましたね。
恋にも前向きになってきました。

しゅうまいの失態!

翌日。街へ出たメンバーは一人一人金庫番の王子からお小遣いが配られます。
しゅうまいはさっそくすぅすぅを誘うと、「お土産だったら何買いたい?」と聞きます。ピアスかワンピースと答えるすぅすぅに対してしゅうまいは「よし!服もピアスも両方買おうぜ!」と景気よく言います。すぅすぅも「わぁ!プレゼントもらえるぞ!」と嬉しそうにします。

しゅうまいは歩きながらも「俺はいらない。女の子がそれを付けて喜んでる姿を見る方がすげー好き!」とアピールします。これは並々ならぬ決意を感じます。

しかし…。

しゅうまいは急に「サンダル失くしたからサンダル欲しいんだよね」と言い出し…。

そしてサンダルを物色するとお気に入りのサンダルを見つけテンションの上がるしゅうまい…。そのまますぅすぅのピアスとワンピースを忘れてしまったしゅうまいなのでした…。
→しゅうまい!これは最悪だよ…

ウガンダで一番醜い男がヤバい!

ウガンダの首都、カンパラの街を歩いていると、障害者が多いことに気付きます。ウガンダでは人口の16%が障害者なのだそうです。
ウガンダでは1980年代から約20年間内戦が続き、その間重傷を負った人や、内戦の影響で衛生環境が悪化し、手足が変形してしまうポリオなどの病気を患った障害者が多くいるのです。

そしてドライバーのアークさんは一枚の写真を見せてくれます。そこに写っていたのは一人の障害者で、「彼は、ウガンダで一番醜い男」としてとても有名だと言うのです。
そして「とてもおもしろい男だから会いに行こう」と言われたメンバーたちは、アークさんにその男性の元へ連れて行ってもらいます。

出迎えてくれたのはセバビさん(54)。生まれつき骨が変形する難病で、このような特異な容姿になってしまったのだそうです。

その姿に言葉を失うメンバーたち…。セバビさんは緊張を隠せないメンバーたちを気遣い、食事へと連れ出してくれます。待ち合わせた場所に向かうと、そこにはセバビさん一家が勢揃いしていました。セバビさん一家は子ども7人の大家族。奥さんの腕の中には、生後一週間の赤ちゃんもいました。

妻「彼はすごく礼儀正しい男性で、本当に人柄がいいのよ。仕事に対しても一生懸命だし、彼の内面がすごく好きなの」
子「お父さんの外見を悪く言う人もいるけど、たった一人の大好きなお父さんだから全く気にしないよ」

メンバーたちは「めっちゃステキ…」と感動していました。

「障害を持っていても負けずに強く生きることが大事なんです。変わらないこの顔を嘆くよりも、自分の力で生活したいと思ったんだ。神様が僕を作ってくれたんだから、僕はこの顔を武器にしようって。全てをポジティブに考えたから僕は今ここにいるんだよ。」

セバビさんは『醜い顔コンテスト(2003年)優勝』。「ウガンダで一番醜い男」というのは、本人が使うキャッチフレーズなのです。セバビさんは大家族を養うため、ある仕事をしていると言います。

「僕は障害を持ったコメディアンチームに入っていて、お客さんの前で歌ったり、踊ったりしてお金を稼いでいるんだ」

障害者が健常者を笑わせる

その日の夜。メンバーたちはセバビさんのショーを見に行きます。場内は混み合っていて盛り上がっています。

まず出てきたのはフルストップさん(28)。身長85センチの体でダンスを披露します。さらに、ステージ上の司会者はフルストップさんお小さな体をイジるのです。

「お前はそんな小さな身体でどうやって女性と楽しむんだ?ちゃんと洋服脱げよ!ほら下も脱がないと」

次に登場したのはサラショートさん(38)。身長100センチの女性です。軽快な歌とダンスで会場を大いに盛り上げます。そしてトリを飾るのはセバビさん。司会者は「最後は、一番醜い顔のコイツ!セバビだぁ!」と紹介します。

セバビさんの登場に、お客さんの盛り上がりは最高潮に。セバビさんの軽やかな歌声にお客さんもノリノリです。

一時間のショーが終わると、セバビさんから「みんなショーはどうだった?」と聞かれます。メンバーたちは「感動した!」と拍手するのですが、セバビさんはちょっと複雑な表情を浮かべます。

「今”感想した”って言ったけど、感動されるのがすごく嫌なんです。障害者は普通のことをしているだけなのに、それに対して健常者が勝手に感動する。障害者を見下していますよね。これを”感動ポルノ”と言うんです」

◆感動ポルノとは…◆
これは自身も障害を持つオーストラリアのステラ・ヤングさんが作った言葉なのです。
「障害者は人として扱ってもらえません。感動を与えるための存在です。障害者をモノとして利用しているんです。私はこれを『感動ポルノ』と名付けました」

あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第7話を見終わっての感想

あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第7話のネタバレはいかがだったでしょうか?

まずははり坊、めちゃくちゃ調子悪そうですね。
あんな大事故の後によくあいのりに参加したなぁとビックリですが、本当にいろんなところが痛そうで心配です。
しかも風邪ひいたりもして踏んだり蹴ったり…。
すぅすぅのためにもしっかり治して、旅に復帰して欲しいと思います。

あいのりってやっぱり見てる側の印象よりも相当過酷なんでしょうね。
前シリーズのアジアンジャーニー2の時もあのでっぱりんでさえしばらく療養していましたから。過酷なんだなぁと思い知らせれます。

でも一つ気になるのははり坊が全くすぅすぅに気が無さそうなところ(^_^;)。
なんか今のままではすぅすぅが告白してもダメそうな予感がします。すぅすぅは焦らずもう少し時間をかけた方がいいと思うのですが、いかんせんはり坊の体調があんな感じですからね…。焦るのも仕方ないか…。

そして、今回は障害者についてすごく考えさせられました。
最後のステラ・ヤングが言った言葉。

「私たちの身体と病名より、生きる社会の方が大きな障害になっている」

これは重い言葉ですよね…。
私は今ままで『24時間テレビ』とか何も考えずに見て、泣いたりしていたのですが、ちょっと考え直す必要があるかも知れません。
あいのりってこういう勉強にもなるのでためになる番組だなぁとつくづく感じました。

以上で、あいのり・アフリカンジャーニー(African Journey)第7話の感想(ネタバレあり)を終わります。
いつもありがとうございます。

見逃したあいのりが7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(31日間無料)】

この記事を書いている人 - WRITER -
あいのり好きのアラフォー主婦です。 独身の時はよく見てましたが、あれからこんなにも時間が経ってしまったんですね。 若い子の恋愛を見て元気を頂いています♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あいのりのネタバレ&感想ブログ , 2019 All Rights Reserved.